すぎぶん倶楽部へようこそ!

 2014年11月から2015年3月までの4ヵ月間、私たちは、郷土博物館分館での区民展示「20分で行く荻窪の昭和」に、多くの時間とエネルギーを注ぎました。  3月29日にクロージング講演会を迎え、続いて現場撤収をした時、大きな達成感と共に、一抹の寂しさを覚えた方もいらっしゃるのではないでしょうか? それまでは、天沼の分館に行けば誰かしら仲間がいて、一緒に展示替えをしたり、とりとめのないおしゃべりをしたりできました。そんな居場所が無くなって……。  今、ささやかですが、ここにみんなの部室を作りました。分館展示の時のように、ちょくちょくお立ち寄りください!



カテゴリ:[ 趣味 ]


2件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[3] 解説おめでとうございます。

投稿者: tsuchiya 投稿日:2015年 4月30日(木)11時49分12秒 p2697081-ipngn22301marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.2[元記事へ]

できましたね。このお部屋に、入ろう。




[2] みんなの居場所ができました!

投稿者: 管理人 投稿日:2015年 4月30日(木)08時17分6秒 KD106178101026.au-net.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

 すぎなみ文化事業部のみなさん、ようこそ掲示板へ!
 郷土博物館の分館展示が終了してから、なぜか私は皆様からのリクエストの嵐に襲われています。

  ・「すぎなみ文化事業部」という組織名称はお役所っぽくてダメ! 改称しなきゃあ。
  ・すぎぶんサロンが四月で終了だって? 月一回くらいはこれからも集まって交流しようよ。
  ・すぎなみ文化事業部の活動を明らかにできるようなパンフや小冊子が必要。
    →いろいろとそういうのはあるのですが、どうやら足りないらしい。
  ・会員の名簿や役割分担表を作成、みなで共有して交流をはかろうよ。
    →これまでは、そういう部分は敢えて曖昧に、和気藹々でやってきましたが、
    一部の部会では事業化も始まりましたし、いよいよキチンとすべきかもしれませんね。)
  ・分館展示の記憶を残すために、記録集をぜひ製作しよう。
    →土屋実行委員長のもと、着々と(?)進めています。
  ・荻窪の魅力を発信するための絵葉書を製作してほしい。
    →これについては、分館展示来館者からも繰り返し要望がありました。那須さんに期待!

そして、いっそう厳しくご批判をいただいているのが、

  ・今時、事業部のホームページが無いなんて情けない!! どんな組織なのかなと思っても、
  調べようがないじゃないか。

というわけで、いきなりホームページは大変なので、取り敢えずこの掲示板を作って許してもらうことにしました。
掲示板というのは、まあ簡素なホームページとでもいいましょうか、事業部の皆さんが勝手にやって来ては気軽におしゃべりを楽しむ小部屋のようなものです。「初めて来ました。こんにちは。また来ます。」でも充分です。部屋の中をじろじろ眺め回して、ちょこっと足跡を残して行ってくださいね。


レンタル掲示板
2件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.